【20代前半】転職市場の実態と、成功する人のポイント

学校を卒業して希望していた会社に入社したとしても、実際に働いてみると思っていたのと違っていると感じる事があります。また、どこで働いても一緒だと思って適当に仕事を決めてしまい、後悔をしている人もいるのではないでしょうか?
20代前半でスキルや経験を基に転職するのでない場合、出来るだけ早く動き出した方が良いでしょう。
今回は、20代前半の転職実態と転職に成功する方の共通点を見ていきます。

20代前半の転職実績

近年、20代前半の若者を採用したいと考える企業が増えてきています。ここ1,2年で大企業であっても40代後半以降の給料が高い人から希望退職者を募り、その分若い人材を採用する事で、企業の若返りとコスト削減を図る企業が多くなっています。
実際に、入社してから3年以内で転職を経験する人が3割以上もいます。それだけ転職先の企業からの需要があるといえるのではないでしょうか。
一方で、最近はIT系エンジニアの需要が高まっており需要に対して供給が全く足りていない状態です。その為、未経験のフリーターやニート、文系理系問わず正社員としての採用も多くなっています。

転職で失敗しない人の共通点は?

20代前半はまだ若いので失敗したとしてもやり直しは利くかもしれませんが、できれば入社してよかったと思える会社に転職したいですよね。どのような点に気を付ければ失敗しないのか?また、就職後に転職する場合とフリーターやニートから正社員登用を目指す場合に分けて解説します。

転職先の選び方

せっかく転職をしても、転職した企業に合わなければ元も子もありません。気を付けるポイントを確認します。

転職の場合
元々働いていた業種の中で考えてしまいがちですが、20代前半であれば働いていた業界に拘らずに業種は広く確認しましょう。20代前半の場合には今までの仕事の実績よりも、本人の能力や学生時代の経験が注目されます。
働いていた仕事に近い業種や仕事内容を活かせる場所から選ぼうとすると、選択肢が絞られてしまいます。まずは自分の興味がある業種を優先して業界や企業を選んでいきましょう。
また、この時に注意すべきなのは、なぜ自分が転職をしようと考えたか?を明確にしておき、転職理由に当てはまるような企業は確実に避ける事です。せっかく転職してもまた同じ理由で転職したくなるのは残念ですね。

フリーターやニートの場合
学歴や今までの正社員経験によらずキャリアを積み重ねていきたいのであれば、ベンチャー企業やweb系の企業がオススメのひとつです。特に最近はプログラミングが出来る人材の募集が増えていますので、狙い目となっています。
最近では、一旦入学金や授業料は払う必要はあるもののプログラミングスクール経由で就職が決まれば、入学金・授業料が返還される所も増えてきています。転職先を選ぶというよりは、就職先を探してくれるプログラミングスクールを探してみましょう。
それ以外にも色々な正社員としての選択肢はありますが、どうしても学歴や今までの経歴によって待遇が決まってしまう部分がありますので、入社後に比較をしてモチベーションが下がってしまう可能性がある為、おススメしません。

転職の面接でアピールするポイント

転職をするというのは、ここ最近は日本でもポジティブに受け取られるようになってきましたが、まだまだネガティブなイメージを持たれる事もあります。どのような点に注意してアピールすればよいでしょうか?

転職の場合
正社員を辞めて転職する場合に転職先企業が気になるのは、転職の理由がネガティブではないか?という点です。せっかく採用しても、またすぐに退職されては採用にかかった費用も無駄になってしまいますし、また新たに採用が必要です。
多くの場合、仕事内容や人間関係が理由になる場合が多いですが、転職理由を問われた場合には出来る限りポジティブな回答をするように心がけましょう。

フリーターやニートの場合
フリーターやニートも経験を通して何を学んだか?なぜ今までと違って正社員として働きたいと思ったのか?という点を問われる可能性が高いです。もし明確な理由がある場合にはきちんと話しましょう。
仮に、ただ何となく働きたくなかったからという場合でも、なぜ今働こうと思っているのか?という点に関してはしっかりと説明する必要があります。どうしてもネガティブになってしまいがちですが、ここでもポジティブに話す事がポイントです。
また、プログラミングなどのスキルを身につけてから転職活動をするというのも、おススメの選択肢といえます。

共通するポイント
20代前半の場合に企業が求めているのは、仕事でのスキルや経験よりも柔軟性や最低限の社会人としてのマナーです。今までの経歴をアピールするよりも、自分の人間性やこれからどのように成長し、会社に貢献していきたいのか?を話すようにしましょう。
また、社会人マナーは最低限は必要ですが、ポイントは一緒に仕事をしたいと思えるかどうか?という点なので、マナーを気にしすぎて緊張しすぎてしまうようであれば、あまり気にせずに自然体で臨みましょう。

20代前半の転職についてまとめ

ここ数年は人手不足によって転職市場でも若い人材の需要がどんどん増えてきており、柔軟性を持って今後成長が期待出来る若手は多くの企業にとって魅力的な人材といえます。
20代前半で転職をする際には、正社員からであってもフリーターやニートからであっても長く勤務したことのない点がネガティブに捉えられてしまいがちです。出来る限りポジティブに捉えてもらえるような回答を心がけましょう。
20代前半を採用する多くの場合には、スキルや経験が求められているわけではないことを理解する必要があります。若さや柔軟性、モチベーションの高さと共に、転職先の企業でどのようなキャリアプランを描いているのか?どう貢献していきたいのかをアピールしましょう。
転職活動はプレッシャーがかかりますし、売り手市場で転職者が有利な状況といわれても簡単なものではありません。きちんと準備をして、だらだらと長引かせないように集中して活動をしていく事が、良い結果を生むポイントとなります。

20代におすすめの転職サイト

記事がありません

表示する記事はありませんでした。