【40代】転職市場の実態と、成功する人のポイント

40代で転職をすると聞くと、かなりリスクが高くやめておいた方が良いのではないかと思うのではないでしょうか?実際、転職市場における求人の内容は20代や30代と比較すると、大きく変わります。
また、求人案件の数も30代までと比べるとかなり少なくなり、転職市場の規模は縮小していきます。超大手と呼ばれるような大企業でも40代以上に早期退職を促すなど、雇用環境は厳しくなっている中で、同年代の人材を採用出来る会社は多くありません。
40代の厳しい転職市場を確認し、実際転職に成功している人の共通点を確認していきましょう。

40代の転職実態

40代以上のミドル向け人材を専門に扱った転職サイトもあり、実際に転職エージェントの動きは活発ですが、実際に採用するのは転職エージェントではなく企業です。実際に転職活動をして応募していても面接に至らずに不採用になってしまう事が少なくありません。
何とか転職に至ったとしても、元々希望していた職種や仕事内容に就けなかったり、希望する規模の企業に入れなかったり。また、多くの場合転職の目的の一つとなる年収もアップさせる事は困難です。
30代までであれば、何とか可能性もあった未経験職種への転職についても40代では大幅な年収ダウンや地位の低下を覚悟しておく必要があります。様々な面で転職は厳しいと言わざるを得ません。
ただし、数は少ないですが長い社会人経験で培った専門的なスキルとマネジメント能力を必要とする企業もあります。転職を希望する場合には、転職希望者に対して数が少ない良い条件の競争率が非常に高い採用を勝ち取る必要があります。

転職で成功する人の共通点は?

実際に厳しい40代の転職において、成功を掴んでいる人たちはどのような点に気を付けて転職をしているのでしょうか?共通点をいくつか確認していきましょう。

求められているスキルを明確にアピール

40代はより若い世代に比べると、ポテンシャルよりも実際に身につけてきたスキル・経験を必要としています。もしかすると、それは今までに自分自身が培ってきたスキルと全く一致しているわけではないかもしれません。
自分自身が自信を持っているスキルや経験だけをアピールする事も重要ですが、そこに拘ってしまうと、採用企業としては求めているスキルを持っているのか確認する事が出来ません。
まずは企業が求めているスキルや経験を把握し、自分がアピールしたい内容と共に求められているスキル・経験もアピールする事が重要です。
特に、普段仕事をしている中で多くの企業・職場で普遍的に必要とされる仕事の進め方や部下のマネジメントスキルなどが求められない事はありませんので、転職を少しでも考えるのであれば、常日頃から身につける事が出来るように意識をしましょう。

面接でのアピールはポジティブに

転職の理由や、企業での志望動機は面接は確実に問われます。実際には評価への不満や昇進競争の敗北、人間関係に年収に対する不満などネガティブな理由があったとしても、嘘ではない範囲で出来る限りポジティブな回答をしましょう。
また、志望動機に対して、仕事内容やキャリアの話ではなく、年収の話をするのは良くありません。条件面を主張する事は必要ですし悪い事ではありませんが、年収を目的とした話をしたり、ネガティブな話が多いと、環境を改善していくパワーがないと判断されますし、転職後の企業でも同じようになってしまうのでは?という不安を抱かせてしまいます。

幅広い人脈を活用する

転職を目指す際には、転職サイトや転職エージェントを上手く活用する事を思いつくでしょう。最近では、専門別に特化したエージェントも多くありますので実際に40代以上に強みを持っている業者も多くあります。
そもそも、絶対数の少ない40代以上の求人を勝ち取る事は簡単ではありません。もし本気で転職を目指す場合には使えるものは何でも使うモチベーションが必要になります。今まで培ってきた人間関係、人脈を上手く活用しましょう。
実際に、転職サイト経由ではなく仕事の繋がりから今までお客さんだった会社にスカウトされたり、社外での人間関係から紹介をしてもらい満足度の高い転職に至っている場合もあります。
情報源を一つに集中するのではなく、出来るだけ複数の選択肢を持ち、目的とする転職の満足度が高くなるように心がけましょう。

未経験職種は業種を絞る

どうしても今まで自分が経験してきた職種ではなく、未経験の職種に転職を希望する場合には、転職がしやすい業界を見極めましょう。
まず従来よりも年収や肩書が落ちてしまう事は避けられませんが、特に資格を用いた職種や圧倒的に人手不足な職種、また体を動かす職種に関しては40代以上で未経験であっても採用される可能性は高いです。
ただし、環境的には厳しい転職となる事を確保しておく必要があります。後悔する可能性が高いので、未経験職種を選択したい強い理由がないのであれば同業でのキャリアアップを目指した転職をお勧めします。

40代の転職についてまとめ

30代以下の転職活動に比べて、40代での転職活動は圧倒的に求人数が少ないですしその分競争も激しくなる為転職をする事は簡単ではありません。
実際に転職をしている人の中でも、狙っていた年収アップや新しい肩書を得る事が出来ずに妥協をしている人も少なくありません。転職をした結果後悔している人もいるのではないでしょうか?
厳しい40代での転職を満足度の高いものにする為には、転職活動を戦略的に進める必要があります。転職サイトやエージェントだけでなく今までに培ってきた人間関係から紹介や人脈を活用しましょう。
日常的に転職で求められるスキルを意識し、多くの企業で求められるプロジェクトマネジメントや部下のマネジメントの能力を身につけ、面接ではポジティブに転職先が求めているスキルをアピールする必要があります。
大企業でも45歳以上の人材に対して早期退職を促す企業が増え、経団連の会長やトヨタ自動車の社長も終身雇用制の難しさを明確に表現している現状では、個人のスキルを身につけいつでも外に出られる能力を付けておく必要があります。
それが、満足度の高い転職活動に繋がるでしょう。

40代におすすめの転職サイト

記事がありません

表示する記事はありませんでした。