【50代】転職市場の実態と、成功する人のポイント

人生100年時代と言われ始めた日本では、年金の支給開始年齢が65歳になり今後はより高年齢側に引き上げられる事が予想されています。多くの人が年金支給までの間も働き続ける事を選択している為、50代であっても10年以上働き続ける時間があります。
何十年と転職の限界は35歳と言われ続けていましたが、最近ではより高年齢に対しても転職の門戸は開かれてきています。
しかし、20代や30代と比較すると転職市場での求人数は少なく求められるスキルは非常に高いものとなります。厳しい50代の転職市場で成功する為にはどのような点に気を付ける必要があるのか?成功する人の共通点を確認していきます。

50代の転職実態

日本では終身雇用制度として年齢を重ねるほど給料が多くなっていくようになっています。世界情勢が不安定で景気が悪くなってきた状況では高い給料が負担になり、大手も含め多くの企業で早期退職制度の実施で退職や転職を余儀なくされる人もいます。
一方で、不景気の中でも業績拡大や労働力人口の減少により、企業によっては50代以上であってもニーズがあり転職市場は徐々に大きくなってきています。

50代で転職する際には大きく分けて3種類の市場があります。
1. マネジメント職
2. 職人・専門職
3. 単純労働力
30代や40代で経験した経営や職場のマネジメントスキルは、自社でマネジメント能力の高いマネージャーを育成する事が出来なかった企業からのニーズが大きいです。マネジメントの仕事は、業界の知識や経験がなかったとしても普遍的な能力である部分が大きいので、異業種への転職だったとしても活躍を期待する事が可能です。
また、職人や専門家として鍛え上げたスキルや知識を若手に継承していく為に、転職をする機会もあります。例えば自社では携わってきた事業を継続する事が無くなり、同業の他の企業からのスカウトなどが期待出来ます。転職をする事で収入は減る可能性が高いですが、若手を育てるという楽しさを味わう事が可能です。
最後は単純労働力としての転職です。多くの場合はタクシー運転手、交通整理、工事現場、警備、清掃などの単純労働者として働く事になります。今の会社がどうしても嫌だけど、スキルなどもない場合にはこの選択も考える必要があります。

50代で転職をするほとんどの人が、このいずれかに分類する事が出来ます。

転職で成功する人の共通点は?

特に、マネジメント職や専門職として転職をする際に、どうすれば満足度の高い転職を実現する事が出来るのか?実際に転職を成功させている人の共通点を確認しましょう。

人脈を大事にする

50代になるまで仕事を続けていれば、長い仕事人生の中で自分が働いている会社だけでなく、取引先など多くの人々と一緒に仕事をしてくる事になります。転職を考えた時に、今までに出会った人たちが力を貸してくれる事も多くあります。
例えば、自分の部下が良い仕事をしていれば部下を育成する能力を評価してもらう事がありますし、上手くプロジェクトを進める事が出来ればそのプロジェクトマネジメント能力を評価してもらえます。実際に一緒に仕事をしている人ほどよく見えていますので、自分の会社に引き抜きたいなと思ってもらえる事もあります。
また、職人や専門家としてよい製品を作り続けていたり、アドバイスを続けたりしていれば、自社で活かしてほしいと思う人もいるでしょう。
ここで大事なのは人脈を大事にする事で、いくら周囲から能力を評価してもらっていたとしても、人間関係が構築出来ていなければ取引先の人材に声をかけるのはハードルが高いです。その為、日常的に仕事以外のコミュニケーションを図り、大事な人脈を構築しておきましょう。

転職を急ぎすぎない

50代になると、残りの働く時間が短くなってきます。また、30代・40代とは仕事内容も環境も変わってしまう為、今まで働いてきた企業であったとしても嫌になってしまう事があります。しかし、どんなに嫌になっても転職を急ぎすぎてはいけません。
50代以上の転職はそもそも求人数が少ないため、自分が希望する仕事内容や待遇の仕事を簡単に見つける事は出来ません。もちろん人脈や転職エージェントを上手く活用する必要がありますが、その中でも転職を急ぎすぎてはいけません。
少しでも早く転職して環境を変えたいと思う気持ちはありますが、仕事内容や待遇に対して妥協をする事になってしまっては本末転倒です。
転職をしたとしても、元々妥協した事が心残りになり転職先での居心地が悪く再度転職をしたくなってしまう可能性が高いです。転職は急ぎすぎないように気を付け、少しでも満足できる条件での転職を目指しましょう。

未経験の転職は出来れば避ける

実際に、50代で未経験転職をしている人は多いですが、結果として満足度は低い事が多いです。年齢が高くなると、若い時と比較して新しい事を学ぶ能力は低下しますし、給料も大きく下がってしまう事が多いです。
新しい仕事に希望を持っていても、実際に働き始め待遇を感じられるようになると、期待していたものとは違っていた事に気づく事はあります。
新しい事にチャレンジするのは望ましい事ではありますが、期待感が先行してリスクが見えない状況になる可能性がある事は自覚しておきましょう。特に守るべきものがある場合には、未経験の転職は出来る限り避ける事をお勧めします。

50代の転職についてまとめ

50代で転職を成功させるには、今まで培ってきたスキルや経験、人脈を最大限活用する必要があります。自分の経験がどこで活かせるのか?どのように生かせるのか?誰から必要とされるのか?きちんと把握して戦略を立てておく必要があります。
また、仕事環境の変化によって今の職場が嫌になってしまったとしても、転職を急いでしまうのは危険です。きちんと仕事内容や待遇が自分の希望したものと一致しているのか?その点は妥協しないようにしましょう。
転職を急ぎすぎて妥協してしまうと、結果的に転職の満足度が低下してしまう可能性が高いです。
転職エージェントを活用する事はもちろんですが、それだけでなく社内外で築いた人脈からの紹介やスカウトも十分に考慮に入れて転職活動を続けていきましょう。

50代におすすめの転職サイト

記事がありません

表示する記事はありませんでした。